オーナーブログ

格安SIM(MVNO)に変更するためにまずしておきたいこと③

投稿日:

端末の補償を考える

今までのドコモ、au、ソフトバンクなど各キャリアにおける端末の補償。

ドコモ ケータイ補償サービス

au 安心ケータイサポートプラスLTE

ソフトバンク あんしん保証パックプラス

これらがMVNOに切り替えるとなくなります。

そうすると、落としたらすぐに割れたりしてしまうiPhoneは不安ですよね?

でも安心してください。

購入して1年以内の端末であれば、モバイル保険で補償に加入できます。

ネットからの申し込みで完結できるので気軽にできますね。

しかもこの保険の特徴としては、メイン端末の設定以外にサブ端末を他に

2台も設定できること。

合計3台もの端末の補償(各機で補償内容は違う)で月額700円は、

費用面においても魅力的。

もちろん補償の使いやすさにおいても魅力的。

各キャリアの契約者であっても加入できるので、各社の補償に加入せずに

モバイル保険で契約する方が増えてきているのも納得ですね。

その他にも携帯電話・スマホにおける補償はあるので、探してみるのも一つかも。

 

Follow me!

-オーナーブログ

Copyright© 尾張モバイル , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.